2013~2015年度技術委員会調査研究「地域における湿地と恵み」

2013~2015年度技術委員会調査研究
「地域における湿地と恵み」

 釧路国際ウェットランドセンター(KIWC )の技術委員会では、湿地の保全とワイズユースに関する調査研究を実施し、湿地の管理に関する技術的な提言を行っています。

 2013~2015年度のテーマは「地域における湿地と恵み」です。近年、地域独特の文化と湿地の結びつきなど、人々の暮らしにおける湿地の様々な役割が注目され、ラムサール条約においても、その重要性が決議で認知されるに至っています。
 技術委員会では、湿地に対するこのような価値観を地域の人々と共有し、湿地の保全とワイズユースをさらに進めるため、湿地と地域の繋がりについて「恵み」の視点から調査研究しています。

2013~2015年度技術委員

技術委員長 新庄 久志 環境ファシリテーター
技術委員 牛崎 方恵 塘路湖エコミュージアムセンター指導員
音成 邦仁 タンチョウコミュニティ代表
澁谷 辰生 厚岸町環境政策課厚岸水鳥観察館主幹
高嶋八千代 道東野生植物研究家
照井 滋晴 NPO法人環境把握推進ネットワーPEG代表
針生 勤 一般財団法人釧路市民文化振興財団生涯学習推進アドバイザー
阪野 真人 霧多布湿原センター館長
蛭田 眞一 北海道教育大学副学長
若菜 勇 釧路市教育委員会阿寒生涯学習課マリモ研究室室長
(50音順 敬称略)