トピックス

  • 2016-11-05 技術委員会 > No.44 平成28年度現地検討会を開催しました
    平成28年10月20日(木)に、技術委員会は平成28~30年度の技術委員会調査テーマである「湿地資源の賢明な利用」の事例検討のため、現地検討会を開催しました。今回は浜中町霧多布琵琶瀬の対岸約1㎞にある無人島、ケンボッキ島を視察しました。技術委員である霧多布湿原センターの河内さん、NPO法人霧多布ナショナルトラスト 副理事長 瓜田さんに現地を案内していただきました。
    まず、NPO法人霧多布ナショナルトラストの活動について、団体の副理事長である瓜田さんより、観光開発の影響を免れ保全されてきた島の歴史と産業について説明を受けた後、トラストが提供しているケンボッキ島ツアーを実際に体験し、島内を視察しました。 
    ケンボッキ島の利用の記録は、江戸時代末期まで遡ることができ最盛期には7戸~8戸、20人程度が昆布漁を行いながら春から秋まで生活していたという記録があります。1971年から1年間、作家の畑正憲(ムツゴロウさん)が住み、その時の生活の様子を「無人島記」として出版したことから観光客が多く訪れるようなりました。
     その後、島の観光開発の話が持ち上がった際に、浜中町が島を買い上げて利用要綱を設け、現在、コシジロウミツバメやトウキョウトガリネズミといった貴重な野生生物の保全と利用をめざした無人島エコツアーを提供しています。
     視察終了後、法人理事長の三膳さん、瓜田さんを交え、当技術委員との意見交換を行いました。各委員からは、馬の放牧のための牧柵や廃屋、轍など人間生活の痕跡が見られる島を視察した後に「保全に係る島と人の歴史や団体が目指す保全活動の将来構想や理念を伝えることでより魅力的なエコツアーになるのではないか」といった提言や、「子供や親子を対象とした次世代育成型のエコツアー」、「子供向けの磯遊びツアー」、「地元の産業の紹介を盛り込んだツアー」の提案といった活発な意見交換がなされました。
    ../information/data/44_1.JPG
    ../information/data/44_2.jpg
  • 2016-04-22 技術委員会 > No.39 技術委員会調査研究報告書「地域における湿地と恵み」が完成しました。
    平成25年度から27年度の調査研究テーマである「地域における湿地と恵み」の調査研究報告書が完成しました。
    下記からご覧いただけますので、ぜひご一読ください。
  • 2016-03-29 技術委員会 > No.37 技術委員会より3年間の調査研究成果を報告しました。
    平成28年3月18日に第3回技術委員会を開催し、平成25年度から27年度の調査研究テーマである「地域における湿地と恵み」の調査研究成果を報告いたしました。
    各技術委員により「湿地からどのような恵みが得られるのか」について、様々な視点・観点から3年間にわたる調査研究が行われ、その成果は調査研究報告書としてまとめられ、4月上旬に完成いたします。
    調査研究報告書は、ホームページからもダウンロードできるようになりますので、ぜひご一読ください。
    ../information/data/37_1.JPG
  • 2015-11-17 技術委員会 > No.34 平成27年度現地検討会を開催しました。
    平成27年10月15日(木)に、技術委員会は平成25~27年度の技術委員会調査テーマである「地域における湿地と恵み」の事例検討のため、現地検討会を開催しました。今回は阿寒湖沼群のうち、ひょうたん沼、太郎湖、次郎湖を視察しました。技術委員である釧路市教育委員会マリモ研究室室長の若菜勇さんに案内をしていただきました。
    まず、ひょうたん沼を視察しました。平均水深が2mに満たない浅い沼で富栄養湖と言われているひょうたん沼は、夏の間は植物プランクトンの発生によって水が濁り沈水植物が少ないそうです。ひょうたん沼の上流側の地形なども含め、若菜委員に解説をしていただきました。
    その後、雄阿寒岳登山口に移動し、太郎湖と次郎湖を訪れました。次郎湖は底泥が巻き上がらないため、黄色もしくは褐色の湖底が透けて見えていますが、次郎湖を水中から見ると水が非常に澄んだ青色をしているそうです。次郎湖から垂直に近い足場を登り到着した場所は、地温1℃未満を観測し、永久凍土がある可能性が大いに高まっている風穴帯です。この風穴帯には北方系の植物が点在していますが、対照的に、白湯山側には本来亜熱帯や熱帯地方に分布する植物が見られます。少しの距離しか離れていないにも関わらず、異なる植物相が観察できるなど、阿寒地域の生物多様性の高さが分かります。また、阿寒地域には湖の遷移過程を実際に見ることができる湖沼群が揃います。また、ひょうたん沼、太郎湖、次郎湖をはじめ、阿寒湖沼群へのアクセスは既に林道及び登山道があるため、調査・研究活動にとって有利であり、学びの場としてもとても有望だと考えられます。
    マリモや温泉のイメージが強い阿寒湖ですが、今後は阿寒湖沼群を軸とした魚類等に係る遺伝子レベルでの調査、アイヌ文化やアイヌの歴史における伝統的な自然観を基調とした物語の構築、環境保全と観光振興との折り合いなどが課題としてあるものの、多様性と可能性を秘めた阿寒湖沼群は、これからも新しい知見がたくさん発見され、その希少性と重要性が明らかになってくると思われます。

    ../information/data/34_1.jpg
    ../information/data/34_2.jpg
  • 2014-10-10 技術委員会 > No.18 技術委員会が現地検討会を開催しました
    2013~2015年度(平成25~27年度)技術委員会調査研究テーマ「地域における湿地と恵み」について、釧路地域の事例を視察する現地検討会を、2014年10月10日に厚岸町で開催しました。今回は「藻場と漁業」について検討するため、技術委員のひとりである厚岸水鳥観察館の澁谷辰生主幹のコーディネートで、委員ら15名が厚岸湾と厚岸湖を訪れました。
    厚岸湾東側のアイニンカップ沿岸は国内最大級のオオアマモの群生地として知られています。視察には北海道大学北方生物圏フィールド科学センター・厚岸臨海実験所助教の伊佐田智規先生にもご参加いただき、オオアマモがホッカイシマエビをはじめ、魚類や甲殻類など多種多様な生物の重要な生活場所となっていることを説明していただきました。
    次に向かった厚岸湖はラムサール条約にも登録されている汽水湖で、国内有数のオオハクチョウの飛来地として知られています。また、湖内ではカキやアサリが養殖場され、地域の経済を支えています。委員達は浅瀬に入り、アマモやコアマモが群生する中に、小魚や貝類など多くの生き物がいる様子を実際に確認しました。
    現地視察後は厚岸湖と別寒辺牛湿原を望む場所にある厚岸水鳥観察館に移動し、厚岸臨海実験所所長の仲岡雅裕先生から、アマモ類の特徴や生態系における役割の重要性についてお話を伺いました。アマモ類の「藻場」は、水中の生き物への生活場所の提供や、オオハクチョウなど水鳥の餌となるなどの直接的な消費や利用をされるだけでなく、海草の表面や藻場の底に微小な藻類が付着することで、それを食べる貝類や動物性プランクトンから最終的に大型の魚類などへ至る、複雑な食物網を形成しているそうです。また、水中の炭素やリン、窒素などを吸収し、酸素を供給するので、水質の向上や安定の面でも養殖漁業に大きく貢献しているとのお話でした。その一方で、このような海草の働きが一般にほとんど知られておらず、世界的にみると年々5%の藻場が失われているという指摘もありました。
    委員からは、水中の光の透過性がアマモ類の生育に大きく関係するので「特に深いところで育つオオアマモは水環境の指標に有用では」という提案や、「藻場の保全のためには、経済的な効果も含めて、漁業者や地域の人へアマモの重要性を伝えていくことが必要」などの意見が出されました。
    ../information/data/18_1.jpg
    ../information/data/18_2.jpg