トピックス

  • 2014-07-23 国際協力 > No.13 JICA「地域における生物多様性の保全と持続的利用」研修を実施しました
    2014年5月26日(月)から7月8日(火)まで、コスタリカ、メキシコ、マレーシア、ウガンダの4か国から7名の行政官が日本を訪れ、湿地の生物多様性の保全と持続可能な利用について研修を受けました。
    この研修は環境省の協力によりJICA(国際協力機構)が主催するもので、当センターが受託者として実施しました。コースとしてはこれで3回目となります。
    研修員は東京を皮ぎりに、沖縄、富士吉田、宮城、北海道へと場所を変えながら、湿原から干潟、サンゴ礁、河川、水田まで多様なタイプの湿地について、保全の取り組みや産業・教育への活用の工夫などを学びました。ラムサール条約湿地の漫湖、蕪栗沼(宮城県)・周辺水田、釧路湿原、厚岸湖・別寒辺牛湿原、霧多布湿原など、各地で保護活動の担い手や住民、行政関係者と直接対話し、保全に至る経緯や湿地の特色を活かした地域おこし(農水産物のブランド化や観光への利用、環境教育など)の事例を紹介してもらいました。研修プログラムの中には、北海道標茶高校の生徒自身の解説による釧路湿原自然再生プロジェクトの視察や、浜中町立茶内小学校と合同の霧多布湿原探索、漫湖水鳥湿地センターでの環境省と那覇市、豊見城市の職員とのワークショップなども含まれ、子供達から専門家まで、湿地に関わるあらゆる方々の協力を得て、講義や実習、討論が行われました。
    このような様々な体験を元に、研修員はそれぞれ自国の湿地・生物多様性の保全と持続的な利用を進めるために帰国後行う取り組み案を作成し、研修の最後に発表しました。
    ../information/data/13_1.jpg
    ../information/data/13_2.jpg