トピックス

  • 2014-02-20 一般向けの活動 > No.10 市民環境調査「みんなで調べる復元河川の環境」報告会を開催しました。
     2014年2月20日に釧路市交流プラザさいわいで、2010年から4年間の市民環境調査の成果を発表する報告会を開催し、調査に参加した市民など50名が出席しました。
     釧路川茅沼地区の旧川復元事業について、国土交通省釧路開発建設部治水課の秋山泰祐課長がビデオやスライドを用いて説明後、KIWCがこの事業地周辺で実施した環境調査の概要や、その結果を報告しました。調査を指導した専門家もコメントを添え、釧路川の蛇行復元後、茅沼地区では川の浸食・堆積などの作用により川岸や川底の地形が変化し、多くの生き物が生息しやすい環境が作られつつあることが確かめられました。
     会場では参加者と、進行の新庄久志さんや専門家らとの意見交換も行われ、参加当時の感想や、今後の調査への提案など、多くの声があがりました。
    ../information/data/10_1.jpg
    ../information/data/10_2.jpg
  • 2014-02-01 一般向けの活動 > No.9 世界湿地の日記念「冬のエコツアー2014」の実施
     世界湿地の日(2月2日、今年のテーマは「湿地と農業」)にちなみ、2014年2月1日に市民対象のエコツアーを実施しました。釧路湿原に生息するツル・タンチョウと農業とのかかわりを知るため、21名で鶴居村を訪れました。
     地元でタンチョウの保護活動団体「タンチョウコミュニティ」代表の音成邦仁さんの案内で、はじめに冬の給餌場に集まる野生のツルや、ねぐらの川を観察しました。次に釧路湿原に接する農場を訪れ、酪農家の藤原秀達さんから、農場に飛来するツルについてお話をうかがいました。国の天然記念物で、観光客に人気のタンチョウですが、農家にとっては畑を荒らしたり、牛舎に侵入して牛の餌を失敬する困り者でもあると、実際に農場を闊歩するツルを目の前に説明していただきました。
     最後に、タンチョウコミュニティが農家とツルをつなぐ活動として実践しているツルの餌作りに挑戦しました。ツル用に栽培したデントコーンをほぐし、参加者全員からのメッセージを添えて給餌場へ託しました。
     農業被害のほかにも電線への衝突など、ツルと人との間にさまざまな軋轢が生じていますが、ほとんどの参加者には初めて知る現実でした。ツアーはこのような人々にとって、釧路湿原を象徴するタンチョウと人との共生について考える、最初の一歩となりました。
    ../information/data/9_1.jpg
    ../information/data/9_2.jpg
  • 2013-09-07 一般向けの活動 > No.7 釧路川の環境調査「みんなで調べる復元河川の環境・2013秋」を行いました!
     釧路湿原を流れる、釧路川茅沼地区の蛇行復元の効果を調べるため、環境調査を行いました。27名が参加し、カヌーで釧路川の蛇行復元河道から自然河川に続く茅沼~スガワラ間(約5.5km)をゆっくり下りながら、河岸の樹木や風景の様子、発見した動植物などを観察しました。
     復元河道の下端部付近では、蛇行復元後に出現した寄り州など河岸の2か所に上陸して、各地点における蛇行復元後の土砂の捕捉状況を確認するため、長い巻尺を皆で引っぱって州の大きさを測ったり、検土杖という専用の器具を使って土砂の構成を調べたりしました。
     下船後は塘路湖畔のカヌーハウスで調査結果のまとめを行い、参加者がカヌーの上で書きとめた観察記録を艇ごとにまとめて発表し、見たものや感じたことを全員で共有しました。発表では復元河道で見つけた堆積や浸食の跡や、上陸した寄り州での植物の成長の様子、タンチョウやエゾシカ、色々な種類のトンボなどの生き物との出会いや、秋の気配が感じられる河岸林の様子が報告され、蛇行河道の変化に加え、釧路川の自然が多くの動植物を育んでいることを実感しました。
    なお、この調査は(公財)河川財団による河川整備基金の助成を受けて実施されました。
    ../information/data/7_1.JPG
    ../information/data/7_2.JPG